ジャズをサントラ(サウンドトラック)に使った映画や
さらにはジャズをテーマにした映画など
邦画・洋画を問わず現在まで
DVD化、CD化された作品にどんなものがあるのか?
調べてみたかったのでブログにしました。


人気ブログランキングへ

2011年02月05日

地下街の住人 The Subterraneans




「地下街の住人The Subterraneans」は
ロナルド・マクドゥガル Ranald MacDougall 監督
1960年のアメリカ映画で

代表的なビート詩人の一人である作家
ジャック・ケルアック Jack Kerouac の
1958年小説「地下街の人びと The Subterraneans」の映画化です。

現在はVHSもDVDでも販売されていないようで
映像での入手は困難なようです。

サントラ(サウンドトラック)は
André Previn アンドレ・プレヴィンが担当しているようですが

Geryy Mulligan ジェリー・マリガン
Shelly Manne シェリー・マン
Red Mitchell レッド・ミッチェル
Art Pepper アート・ペッパー
Art Farmer アート・ファーマー
Carmen McRae カーメン・マクレエ
などそうそうたるジャズ・ミュージシャンが演奏しているようです。


Subterraneans [Soundtrack, Import, From US] / Various Artists (CD - 2005)
Subterraneans [Soundtrack, Import, From US] / V...


地下街の人びと (新潮文庫) [文庫] / ジャック ケルアック (著); Jack Kerouac (原著); 真崎 義博 (翻訳); 新潮社 (刊)
地下街の人びと (新潮文庫) [文庫] / ジャック ケルアック (著); Jack Kero...

 
posted by souljazzsax at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ジャズと映画」洋画タ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック