ジャズをサントラ(サウンドトラック)に使った映画や
さらにはジャズをテーマにした映画など
邦画・洋画を問わず現在まで
DVD化、CD化された作品にどんなものがあるのか?
調べてみたかったのでブログにしました。


人気ブログランキングへ

2011年02月11日

アメリカ交響楽 RHAPSODY IN BLUE



アメリカ交響楽 [DVD] FRT-030 / アルバート・バッサマン/チャールズ・コバーン/ロバート・アルダ/アレクシス・スミス/ジョーン・レスリー (出演); アービング・ラパー (監督)アメリカ交響楽 [DVD] FRT-030 / アルバート・バッサマン/チャールズ・コバーン/...


「アメリカ交響楽 RHAPSODY IN BLUE」は
アーヴィング・ラパー監督1945年のアメリカ映画で
アメリカを代表する作曲家
George Gershwin ジョージ・ガーシュウィンの
38年間の短い生涯を描いた伝記作品です。

George Gershwin ジョージ・ガーシュウィンと
親交のあった人たちが多数実名で出演しています。

posted by souljazzsax at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ジャズと映画」洋画ア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。