ジャズをサントラ(サウンドトラック)に使った映画や
さらにはジャズをテーマにした映画など
邦画・洋画を問わず現在まで
DVD化、CD化された作品にどんなものがあるのか?
調べてみたかったのでブログにしました。


人気ブログランキングへ

2011年03月01日

フィルム・ノワール Film noir とは

フィルム・ノワール Film noir とは
フランス語で「暗い映画」を意味する
虚無的で悲観的、退廃的な傾向を持つ
犯罪映画を指した総称です。

1940年代前半から1950年代後期にかけて
おもにアメリカで製作された犯罪映画を指します。

1946年にフランスの映画批評家ニーノ・フランク Nino Frank が
アメリカで第二次世界大戦中に製作された
「マルタの鷹」「飾窓の女」などの犯罪映画を指して
「フィルム・ノワール Film noir」
という表現をはじめて使いました。

この言葉はアメリカにも逆輸入されました。

それまでの社会通念からは逸脱していた
「フィルム・ノワール Film noir」作品が
1940年代以降に多く製作された背景には

第二次世界大戦とその後の東西冷戦、
いわゆるレッド・パージ(赤狩り)などの
不安定な社会情勢が主な要因と言われています。

また第二次大戦に兵士として従軍した作家たちが
それまで非干渉主義を保っていたアメリカの外の国々の
暴力的な世界情勢という現実に直面したことも
大きな要因のひとつと言われます。

1950年代以降はテレビが普及したことにより
映画業界が衰退をはじめ
「フィルム・ノワール Film noir」に代表される
B級映画の配給システムが崩れはじめたこと

第2次世界大戦後の混乱した社会がしだいに安定に向かい
重苦しい犯罪映画に対する需要がなくなったことで
アメリカにおける「フィルム・ノワール Film noir」は
一気に数を減らします。

しかしヨーロッパや日本などの犯罪映画に
アメリカの「フィルム・ノワール Film noir」は
多大な影響を与えました。

フィルムノワールの時代 [単行本] / 新井 達夫 (著); 鳥影社 (刊)
フィルムノワールの時代 [単行本] / 新井 達夫 (著); 鳥影社 (刊)
posted by souljazzsax at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とサントラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック